衣替えの10月になりました。急に冷え込んだりしますが、衣服の調節で体調を守りたいですね。

〔ある床屋さんの話〕

仕事を終えての帰宅途中でのこと。

時刻は、PM.9:00。宇都宮市内の大き目の交差点に信号待ちで車を停車しました。

何気なく、反対側の角にある床屋さんが目に入りました。私は、車の中からその光

景を見ているので声は聞こえない状況ですが、丁度、床屋さんから散髪を終わった

であろうお客様が店から出てきました。その後ろから、店員さんらしき人が、「ありが

とうございます。」と、おじぎをしながらお客様をお見送りに出てきました。

ここまでは、どこのお店でもあることだと思います。

でも、このあと私はこの2人から目を離すことができなくなりました。

床屋さんのお客様は、軽く背伸びをして、「じゃあ」とでも言うように、ゆったりと歩道を

歩き始めました。その後ろ姿を見送る店員さんは、深々と頭を下げています。お客様は

すでに20m位先を歩いていきます。それでもまだ、店員さんはおじぎをしていました。

たぶん、お客様は自分の後姿に店員さんがずっとおじぎをしているのを知らないと思わ

れました。そのお客様が角を曲がり見えなくなってから、店員さんはお店の中へ戻って

いきました。

信号待ちをしているほんの数分のことでしたが、私はなんともいえない暖かな気持ち

になりました。その床屋さんはすべてのお客様にそうしているのか、その日の最後の

お客様だけにそうしているのかはわかりませんが、深々とおじぎをするその姿は、とて

も気持ちの良いものでした。

自分はお客様に対して、心のこもったおじぎが出来ているのだろうか。

単なる習慣としての挨拶になってしまっているのではないか。

自省しながら帰宅の途につきました。改めて、挨拶の奥深さを学んだ出来事でした。

「つながり」

朝の出勤準備中に、テレビの画面で「モンスターハンター」というゲームソフトの特集を

していました。このソフトは、若者を中心に大ヒットしているソフトだとのこと。プレーヤー

は、「ハンター」となり、 ただ狩るだけでなく、罠を仕掛けたり、他のハンターと連携をと

ったりと多彩なアクションが出来るそうです。

大ヒットの要因は、他のハンターとの連携、つまり、友達や知人と一緒にモンスターを

倒すというひとつの目的に向かって、同志が力を合わせて戦うことが魅力だとのことで

す。ゲームソフトというと、1人で画面に向かって黙々と操作をするというイメージがあ

りますが、このソフトは、友達数人が集まって、それぞれの機器を手に、同じ画面を見

て会話をしながらゲームするのが楽しいということでした。

若者世代のコミュニケーションは、時代とともに変化していると言われていますが、

結局は、心のつながりを求めるのは、世代を問わず同じなんだろうと思います。

職場では、「今の若者は何を考えているのか、さっぱりわからない…。」というのは、

いつも経営者や幹部の悩みでしょうけれど、若者も本当は寂しいのかもしれません。

お互いにもっと歩み寄りたいものです。

今年、新社会人1年生の我が家の次男は、「会社辞めたいなあ」と最近言い出し始め

ました。東京までの通勤で、心身ともに疲れが出ているらしいのですが、職場の人間

関係にまだ戸惑っているのもひとつの要因かもしれない。「どうしてそう思うのか、よく

考えてみたほうがいいね。」とだけアドバイスをして見守ることにしました。みなさんの

職場でも新人さんや若い世代とのコミュニケーションはいかがでしょうか。

小さなことで悩んでいたり、本当は寂しい思いをしているのかもしれません。

一声かけてあげることでお互いの距離が近づくかもしれません。コミュニケーションを

大切にしたいと思います。

業績アップのヒント  〔ホームページ リニューアルのお勧め 〕

今月は、ホームページリニューアルのお勧めです。貴社のホームページは、作成して

から何年くらい経過しているでしょうか。更新作業はこまめにされているでしょうか。

当初に業者依頼で大きな予算を掛けて作成しても、何年も手付かずだったり、新着情

報が数年も前とか、商品や名簿が古いままだったり等のホームページをたくさん見か

けます。例えば、新規のお客様予定者があなたの会社のホームページを見たときに、

新着情報が1年前だったとします。それをみたお客様は、どう思われるでしょうか。

「この会社は、細やかな対応はしてくれないのではないか。」「あまり売れていない会

社なのではないか。」と想像してしまうかもしれません。あなたの知らないところで、お

客様は他のライバル会社へ流れていってしまっていることもあるかもしれません。こう

いう「知らず負け」は、とてももったいない事例です。

ほんのひと手間、あるいは少ない予算を掛け て更新やリニューアルをすることにより、

新たなお客様の獲得に結びつくこともあります。

まずは、貴社のホームページの最終更新日をご確認することをお勧め致します。

 

今回は、現在弊社がリニューアルをすすめている株式会社田崎設備様のご紹介です。

田崎設備様は、工場の空調設備や業務用冷凍冷蔵庫機器の専門会社です。

1年前に㈱アルフォサポートでホームページの作成をさせて頂きました。現在では、

ホームページからのお問合せが1ヶ月に数件あり、その中から新規取引に繋がって

いるとのことです。ホームページがまさに営業戦略のひとつになっている事例です。

今回は、ホームページをさらに活用して業績を上げるために、再度のリニューアルを

すすめさせて頂いております。

デザインやコンテンツの充実を図ります。

 

工場の空調設備や業務用冷凍冷蔵庫機器の専門会社

〔株式会社 田崎設備 様〕http://www.tasaki-s.co.jp/

「がんばれ工場」で検索できます。(現在のホームページ)

image002.jpg

今回、リニューアルを進めているトップページイメージ

http://www.alfo.jp/link/tasaki/index.html(仮アップアドレス 製作途中)

image005.jpg